スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回 ドラム・パーカッション 仙波清彦

プロのミュージシャンをゲストに迎えて『どうやってプロになったのか?』『どんな仕事をしているのか?』をインタビューしていくこのネットラジオ。

今回のゲストはドラマー、パーカッショニストの仙波清彦さんが登場です。 さっそく下のプレイヤーでお楽しみください!


ダウンロード -Download-

PROFILE

邦楽囃子方仙波流家元・仙波宏祐の長男として生まれ、3歳より父に師事、日本伝統打楽器(小鼓、太鼓)を学ぶ。東京芸術大学在学中には邦楽技能優秀者に与えられる安宅賞を受賞。
1978年“THE SQUARE”へ加入後、数々のセッションを経て、1982年“はにわオールスターズ”を結成。 1998年より「エイジアン・ファンタジー・オーケストラ」のリーダーとなりアジア諸国をツアー。 2000年結成のユニット“SEMBA SONIC SPEAR”等でライブ活動を展開。 2005年、愛知万博『愛・地球博』で「世界民族楽器オーケストラ・LEEO」ゲスト参加、「森の中のパレード」の音楽監督兼HANIWA EXPOのリーダーとして出演。洋・邦楽の分野を問わず多彩な活動を行っている。
現在、総勢23名の打楽器を中心とした「仙波清彦とカルガモーズ」を率い、更に破壊派BAND「疑惑のイージーリスニング」で活動。 数多くのセッションやプロデュースを行う。

<<第48回 ギタリスト 和泉聡志
第46回 ギタリスト 竹中俊二 >>

はみ出し対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。