スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回 ベーシスト 岸徹至

プロのミュージシャンをゲストに迎えて『どうやってプロになったのか?』『どんな仕事をしているのか?』をインタビューしていくこのネットラジオ。

今回のゲストはベーシストの岸徹至さんが登場です。 さっそく下のプレイヤーでお楽しみください!


ダウンロード -Download-

PROFILE

12歳からフレンチホルンを吹き始め、高校入学と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団・井手詩朗氏にフレンチホルンの指導を受ける。同時にロックにも興味を持ち始め、独学でエレキベースを始める。 洗足学園音楽科ジャズ専攻に入学。納浩一氏に師事、ウッドベースを始める。 卒業後すぐにシンガーソングライターの山本達彦のツアーに参加。プロとしての活動を始める。
現在、自身のバンド“strandbeest”の活動を中心としながら多くのミュージシャンと共演。 2007年からは「ペテン師と詐欺師」「ミス・サイゴン」「ジェーン・エア」「パイレートクイーン」「キャンディード」「ライオンキング」といったミュージカルでも演奏を始める。 決してジャンルにとらわれる事無くエレキベースとウッドベースを最大限に活用した幅広い音楽活動を目指して現在も精進中。

<<第19回 ギタリスト 松川純一郎
第17回 ドラマー橋本学 >>

はみ出し対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。